※英語版に基づきます。日本語版の訳語は知りませんので、置き換えてください。

AAR

3度に分けてフランスをフルボッコ

まず1回目は、同盟国を全部誘ってフランスの陸海軍を全滅させることを狙う。 幸先のいいことに、3回目の教皇庁支配者に偶然当選。 1回目 アラゴン破門戦争 アラゴンに破門CBを使い、唯一の同盟国フランスを巻き込ませる。これまでに貯まった好意は40以上…

ポルトガルAAR 教皇領のご機嫌に注意しながら征く Age of Reformation

AAR

目下のところ、教皇様との関係は良好のまま、次の時代を迎えた。そのおかげで教皇庁影響力が宣教の都度どんどん貯まる。やはりこうでなくては。 tombi-aburage.hatenadiary.jp 南アメリカで発見されたシボラの報酬 800ダカットを使って1500年過ぎてからやっ…

タダでコンドティエリを貸してくれるとは!

イングランドのスコットランド攻めに付き合ったらフランスとも戦争になった。 するとカスティリャが何と無料で、18,000もの大軍を貸し出してくれた。 こちらの指揮には従ってくれなかったので、とりあえず最良の将軍 3-2-5-2 を付けた1個連隊を随伴させて、…

ポルトガルAAR 教皇領のご機嫌に注意しながら征く Age of Discovery

AAR

先のプレイでは、教皇領を直接攻めたりして関係悪化が激しく、永代破門を食らい続けてしまい、教皇庁影響力のボーナスをうまく活用できなかった。 今回は、教皇領のご機嫌には十分注意しながら、基本的にはカトリックでしばらく進めていくことにする。 プレ…

ポルトガルAAR 時代のボーナス選択に注意して全方位的に征く ~そして投了へ~

AAR

tombi-aburage.hatenadiary.jp 国王死す、母后は凡人 トリポリの外交併合を始めたあとに、国王に死なれてしまった。嫡子は1歳のため、母后による摂政政治となった。 しかし、この母后がまったくの凡人だったため、外交君主力がマイナスに。このままだと外交…

ポルトガルAAR 時代のボーナス選択に注意して全方位的に征く Age of Reformation

AAR

発見の時代 Age of Discovery では、とりたいボーナスは全て取り、かなり満足できた。しかし次の時代 Age of Reformation は新教がらみの発動条件が多いので、易々とはいかない。 果たして、早々に新教に鞍替えすべきだろうか? tombi-aburage.hatenadiary.j…

ポルトガルAAR 時代のボーナス選択に注意して全方位的に征く Age of Discovery

AAR

前回の Mandate of Heaven 初プレイでの失敗 tombi-aburage.hatenadiary.jp 時代 age ボーナスを十分に活用できなかった 騎兵作りすぎにより人的資源 manpower 枯渇 という MoH に関連した判断ミスにより、あえなく投了となった。 新大陸が太平洋中央あたり…

騎兵作りすぎて人的資源枯渇、植民も半端になってしまい投了

AAR

MoH での初プレイ。 発見の時代 age of discovery で栄華 splender ボーナスを5回もらえたので、以下のボーナスを選んだ。 植民 +50名 植民開発 それぞれ+1 領有権主張の連鎖 騎兵比率 +20% 攻撃的拡張 -10 ポルトガル固有の植民 Portuguese Colonial Growt…

今度のイングランドは一味違う...と思ったら気のせいだった。

戦力の集中!これならフランスにも勝てるかもしれない。 その数か月後… なんでこう、なるの!

Mandate of Heaven DLC 導入

先日まで Rights of Man (RoM)どまりだったが、Mandate of Heaven (MoH) も導入してみた。半額セールで約1000円。目玉は時代ごとの目標達成で、もちろん最初の発見の時代 Age of Discovery はポルトガルが圧倒的に有利なやつだ。 というか、すでに達成してい…

この後、75歳まで生きてくれた。

AAR

いやぁ、簡単には出せないので長生きしてもらわないとね。 75歳まで生き延びてくれたので、次の神学者も聖職階級との取引で出せた。

ポルトガルAAR アイデア選択に注意してアフリカを征く、しかし宗教戦争で脱力(投了)

AAR

1445 開幕早々、ゴメス死亡 いちおう今時点で探検できる最後の陸地を暴いたので、死んでも惜しくはなかった。むしろ指揮官スロット上限超過が解消したので良し。 探索前に死なれたこともあるんで、それよりかはマシ。 tombi-aburage.hatenadiary.jp 1448 グ…

ポルトガルAAR ポルトガルはアフリカを征く 1566 - 1588(投了)

AAR

西アフリカの雄ソンゲーは、早く始末したいのだがオスマン、マムルクたちと包囲網を形成しているのでしばし放置。 東アフリカのキルワは停戦期間が開けたらすぐ襲う予定だが、あと数年は待ちだ。むしろ反乱軍が相手。 中央アフリカのコンゴ界隈は、すでに詰…

姑息な抵抗

AAR

アラゴン軍が通過しようとしている州を貴族階級から召し上げて叛乱軍を発生させ、攻めてきているアラゴンと戦わせるつもり。 ついさっき貴族階級との取引で軍事君主力、人的資源をもらって忠誠度40を割ったので、土地を貴族から召し上げた。 何か要求を私に…

過去最高 チュニス改宗でご褒美 +16

AAR

反宗教革命 counter reformation で3名の宣教師 missionary がフル稼働中。 改宗の加速要因も揃った。 階級 estate との取り引き interaction で異端審問官 inquisitor の顧問 advisor を出して着任させた 貯めた教皇庁影響力 papal influence を100使って…

初めての船舶徴用 Draft Ships for War

セビリャもカスティリャから脅し取ったところ、首都と陸続きの港湾 home port の数が10の条件が満たされたらしく、ブルジョア階級との取引で船舶徴用ができるようになった。 ダダで最新式のカラック Carrack 5隻が手に入る。これはおいしい。 建造は並行では…

ポルトガルAAR ポルトガルはアフリカを征く 1548 - 1566

AAR

西アフリカをソンゲー Songhai を残して概ね平定し、中央アフリカでは東海岸への足がかりを築きつつあるポルトガル。 ムタパ Mutapa を属国にして内陸からキルワ Kilwa の搦め手に迫り、モーリシャスにも植民して海側マダガスカル島をも橋頭堡にしようとして…

ポルトガルAAR ポルトガルはアフリカを征く 1501 - 1547

AAR

セバスチャン1世は1498年に没したが、世継ぎのジョアン2世はまだ幼少なので、后妃フアナがアフリカ戦役を続行。ここまでの経緯は以下のとおり。 tombi-aburage.hatenadiary.jp さてアフリカはというと 自国領は勿論のこと、隣国も叛乱だらけで、時々領内を…

ポルトガルAAR ポルトガルはアフリカを征く 1444 - 1500

AAR

のっけから新大陸らしきものが近くにある Ulterior Banks (Sea) なる海域が探索できるとのこと。俄然やる気でてきた! 一番乗りを目指すぞ。 (・・・わずか数日後に巨大な島影発見) かなり近くで、しかもけっこう大きい。ほとんどアソーレスの隣じゃないか…

ポルトガルAAR イベリアン・ウエディングで試合終了

AAR

Rights of Man までのDLCを適用してスタート 1445.2 メーヌ割譲でイングランドが逆上 愚かな...フランス、プロヴァンス、ロレーヌ、サヴォイにタコ殴りにされ、メーヌはもとよりコタンタン、アキテーヌなどもフランスに奪われている。 1446.6 貴族の謀殺イベ…

ほぼ同じタイミングで英仏が別々にブルゴーニュに宣戦布告

AAR

初めて見たが、ほとんど偶然ではないかと思われる。 なおこの状況にもかかわらず、ブルゴーニュはイングランドを圧倒してノルマンディを割譲させた。フランスとは結局白紙和平になっていた。

ポルトガルAAR イベリアン・ウエディングしてブルゴーニュ領を咥えこんだ巨大カスティーリャとオーストリアの同盟国6か国によるハンガリー継承戦争が勃発

AAR

1503 まったく唐突にハンガリー継承戦争、はじまったな... ここまでの60年間の歩み 1445 アラゴンがナバラおよびカスティリャと戦争 そのすきにジブラルタル、グラナダを掠めとる。 1455 ブルゴーニュ公が頓死してカスティリャが低地地方を接収その後、叛乱…

アフォンソが若死にしてランカスター家になり、そいつもまた死んで、その後、同君連合下位国になった。

AAR

アフォンソが若死にしてランカスター家になっていたが、そのままプレイ継続していた。するとある時、突然アラゴンとの戦争が始まった。 何かと思って見たら、ポルトガルを巡って継承戦争が始まっていた。 どうやらイングランドの側に立って戦わねばならない…

ポルトガルAAR なかなか楽しい Rights of Man (RoM) 拡張

AAR

いつもどおりセットアップ。 tombi-aburage.hatenadiary.jp いろいろ介入を計画する上で、メッセージのフィルタもけっこう大事だと気付いたので設定することにした。 開始直後の顧問 advisors 行政 Artist +1聖職者に寄付して安定度ボーナスをさらに増大させ…

ポルトガルAAR 全てが順調だった、そう、あの日までは

AAR

開始直後のブルジョア階級 estate との取り引きで、白兵 shock 5の優秀な海軍提督を引いた。後にオスマン海軍をほぼ一方的に殲滅する。 開始後かなり早くにプロバンスあたりを巡って戦乱が勃発。参戦はしていないが何故かカスティリャが気をとられて(?)グ…

ポルトガルAAR 大きな大陸とインカ出た!

AAR

1530年になってもイングランド、フランス、ブルゴーニュ、オーストリア、カスティリャなどの列強が互いに全く戦争しないので、イングランド、カスティリャ、オーストリアの3国と同盟しているにもかかわらず、ヨーロッパ情勢におおむね無関係なまま過ごして…

ランダム新世界で生成された新世界

AAR

CoP拡張の目玉要素であるランダム新世界 Random New World (RNW) については、以前よりはだいぶ改良されて、特徴のある新世界が出てくるようにはなった。 ついに大陸が出たぞ 少なくとも大陸 continent が1つは出るとのことで、この例では北太平洋あたりに…

ポルトガルAAR 絶望した、インカもアステカもない新世界に絶望した

AAR

今回はイタリア半島や東サヘルを優先し、フェザーン回廊打通も早く、属国の活用も割合順調だったが、新世界にインディオしかおらず、インカもアステカもないのに絶望して中断(あっても、いじめてすぐ片付けるだけなんだけど雰囲気的に)。 今までで一番順調…

8カ国から攻め込まれ惨敗したが何も失わなかったフランス

AAR

ブルターニュに攻め込んだ結果、サヴォイ、ブルゴーニュを敵に回し、その後、教皇領がフィレンツェを攻めたときに防衛戦争に加わりカスティリャ&アラゴン、オーストリアすらも敵に回したフランス。 主にカスティリャ&アラゴンに押し込まれて惨敗したが、2…

ついにイベリアンウェデングを阻止し、しかもカスティリャの後継者がアヴィス Avis 朝に !

AAR

いつもはアラゴンを削りきる前にイベリアンウェデングが発生し、カスティリャに吸収されるのだが、今回は異例ともいえる順調さでアラゴンを無力化できたこともあり、イベリアンウェデングが発生していない。 それだけでなく、初めてカスティリャの後継者にア…