読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
※英語版に基づきます。日本語版の訳語は知りませんので、置き換えてください。

商人が余りそうなんだが

商人2名様、お着きです

交易アイデアポルトガル固有アイデアのダブル効果で商人が一気に2名も増える時期が迫ってきた。

しかし既定の転送ルートにさしたる不満もなし

しかし交易力移転を指示しようにも、もう置き場所が見当たらない。
仕方ないので、アフリカ内陸の交易圏を発見しにいくのも兼ねて、マリあたりに宣戦布告しにいくわ。
探すだけなら、たんに陸軍通行権もらえばいいんだけど。
属国作って交易力を吸い上げないと効果薄いのでね。まあ戦争のついでなら外交君主力もロスしないし。

その後、マリとティンブクトゥを属国化

暴いた象牙海岸の転送ルートがイマイチだったので、1名はそこ担当に決定。
アフリカでは他にニーズもなかったので、もう1名はメキシコの転送ルートの改善に当てた。

イングランドが盗み始めた

と思っていたら、イングランドが何故かこっそりアマゾンに植民開始して、カリブからイングランド海峡へ交易力移転をして半分盗んでいたので、商人の一人はカリブ担当に決定。
イングランド北米という固定観念を覆すアマゾン入植はビックリ。探検の成果は25年後に共有されるらしいので、それでバレたようだが、北米も暴いてあるので何故アマゾンに先に来たのかは謎です。

交易アイデアコンプでさらに1名

もう置き場所がないのでセビリャで。
そろそろ、小型船全部をリューベックあたりのドル箱に送り込む手口に移行すべきかもしれない。過剰拡大がゼロに戻ったら試そう。