読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
※英語版に基づきます。日本語版の訳語は知りませんので、置き換えてください。

宣教師が欲しかったので、今更ながら信仰の守護者になったが絶望的な戦争に呼ばれて大変うざい

ブラウンシュヴァイク(1州)に周辺の新教国3ヵ国が宣戦布告。
さっそく呼ばれてしまった。

f:id:tombi-aburage:20150315082547p:plain

あっというまにブラウンシュヴァイクは占領され、20,000もの兵が鎮座している。
倒せないこともないが、人的資源が消耗しそうだ。

これを言ったらいけないかもしれんが、そんな辺境から何で呼ぶの?

敗戦すると信仰の守護者でなくなるらしいので、とりあえず永久に放置しておくことにしました。

5年位は持つじゃろうて。

そして4年後...

停戦が切れて同盟国ナシのアラゴンをさらに削って、バルセロナバレアレス諸島だけにしたあと和平。
陸軍の向け先もないので、おもむろにブラウンシュヴァイクに進軍を始めた。

浮き足立つこと、この上なし

途中で敵方のウルムを蹂躙して陸軍を全滅させたら、まだ占領もしてないのに慌てて単独白紙和平して離脱した。
さらに途中に敵方ヘッセがあったので、これも力押しで全滅させた。ヘッセも飽きていたらしく、即座に単独白紙和平した。

まとまりのない敵方

いよいよブラウンシュヴァイクに向かうと、サクソン本隊からマグデブルク軍だけが分離して迎撃してきた。
勇敢だったが各個撃破のマトになっただけで、少しは粘ったが結局敗走。追撃して全滅させた。
ブラウンシュヴァイクにはサクソン軍がいたが、同盟国のリューネブルクブランデンブルグとも戦争していて敵地占領にご執心。
合流すればサクソン軍は助かっただろうが、来なかったのでサクソン全滅。
その後、リューネブルクも各個撃破で全滅させた。

しかし、なんとここで時間切れ

これは勝ったな、と思って戦勝点チェックしたら驚きの事実が。
我が方が-100%ですとぉ!? さっきまで-20%だったはずだが。

教訓: 戦争の放置は5年間まで

どうやら5年経ってしまい、ブラウンシュヴァイクの心が折れたようです。

f:id:tombi-aburage:20150318182659p:plain

信仰の守護者、終了のお知らせ

サクソンも疲れていたのか、ブラウンシュヴァイクを全土占領しているのにもかかわらず、賠償金88で和平した。
ポルトガルは頑張ったが、結局は敗戦扱いで、信仰の守護者の地位を失った。
在任中の5年間で4〜6州くらいは布教したので、元は取ったかもしれないが。

宣教師は進捗が進んでいる方が解除

翌月、宣教師は1名に戻ったが、進捗が悪い方が残って良い方が解除されていた。
しまった、手動で帰還させておけばよかったかも。

宣教師が欲しいだけなら反宗教改革

プロテスタントが増えてきたせいか、反宗教改革の決定が選べるようになっていた。見ると宣教師+2ではないか。
宣教+2の大臣が出たら、もう一度守護者になり、反宗教改革にでも加わることにしようか。これでトレムセンとモロッコは全部カトリックじゃ。

よく見たら改宗させられていたブラウンシュヴァイク

賠償金だけではなく、新教になってました。それが戦争目的だったようです。