読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
※英語版に基づきます。日本語版の訳語は知りませんので、置き換えてください。

神聖ローマ帝国皇帝に挑んだら90個連隊を運用する羽目に

本日の教訓
オスマンとの戦争でジェノバフェラーラバルカン半島に出払っていたので、今さっきミラノから奪ったパルマを橋頭堡にしてジェノバ本国(リグリア)を襲った。
神聖ローマ帝国領内なので皇帝のボヘミアがミラノ戦に続いて参戦。リトアニアグルジアとか遠くに地味な同盟国がたくさん。
イベントで陸軍上限が90近くになっていたので、傭兵を在庫が尽きるまで動員して皇帝の第1波は余裕で撃退した。
しかし、先ほどミラノ戦で和平したばかりのアンハルト、マインツも再びやってきて、さらにファルツ、アンスバッハも増えていた。
車懸かりにかかってくるのを6連戦すると、勝ったはいいが、かなりの損傷。
そこにオスマンと単独和平して黒旗状態で本土に陸軍を戻してきたフェラーラ軍が、本土に入った瞬間に活性化。占領間近のフェラーラを奪い返された。
結局、在庫が出たら出ただけ傭兵を雇わないと持たない状態になっている。
ボヘミア軍をやっとこ全滅させたので、いちおう勝てそうではあるが、もしリトアニアグルジアが派兵してきていたら負けていた。
オーストリアではなくボヘミアが皇帝だから、と舐めてかかったのは本当に危険だった。