読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
※英語版に基づきます。日本語版の訳語は知りませんので、置き換えてください。

攻城戦 siege のベストプラクティス

本日の教訓

共通

  • 必要最低限の員数とすること。
    人的資源 manpower の損耗 attrition を抑えて厭戦気分の増大を防ぐため。
  • 人的資源が払底している時は、2個連隊1060名以上の員数とすること。または傭兵 mercenary を活用すること。
    常備軍の損耗が月初に完全回復しないこともあるため。
  • 陸軍 army は同じ種類の連隊 regiment で構成すること。
    騎兵と歩兵のような組み合わせだと、月またぎで損耗したときに合併して片方1000名にまとめ直してもう一方は移動させる機動ができず不便なため。
  • 諜報網を構築 build spy network してサイクルを短縮すること。
  • 上陸戦は2個連隊1040名以上で行うこと。
    上陸するまで1ヶ月以上かかり損耗するため。

要塞 fort 攻略の場合

  • なるべく傭兵を使うこと。
    疫病や自然減で損耗して定足数を割った際に、陸軍維持費を上げれば翌月初には員数を回復できるため。
  • 海上封鎖は必ず行うこと。攻城戦ボーナスのある将軍を投入すること。砲兵を最低1名は投入すること。
  • できれば損耗発生時に投入できる予備を隣の州に置くこと。
    陸軍維持費を上げなくても済むように。
  • 複数方向から要塞に侵入した場合に、陸軍は合併 merge させないこと。
    逃げたくなったときに好きな方向へ離脱できるように。
  • 敵の主力から遠くて、要塞レベルの低い要塞から順に攻略すること。
  • 要塞レベルにあわせて最大数の砲兵を配置すること。