※英語版に基づきます。日本語版の訳語は知りませんので、置き換えてください。

探検と植民のベストプラクティス

海 sea は探索しすぎない

  • 植民距離 colonial range がまだ短くて余剰兵力も足りない時点で、達成が難しい遠地への植民関連の使命 mission が出てしまい、使命の選択肢が事実上減ってしまうことを防ぐ。
  • 海軍伝統 navy tradition がすでに100近辺のときは、探検家 explorer での探索は控える。
  • 地図が時間の経過で他国に伝搬して、遠地に植民されるのを防ぐ。
  • 移動にボーナスのある探検家は、交易圏防衛に回した方がメリット大。

新世界 new world は7つの都市捜索 Hunt for seven cities モードで探索する

  • コンキスタドール conquistador を手動で動かすのは、上陸のときと、他国の領内で止まってしまい、どうしても動かないときだけ。
  • 急に立ち止まった場合は、陸軍維持費 army maintenance を最低に下げるとすぐに動き出す。
  • 先住民の領内を手動で動かして移動させる場合にも、7つの都市捜索モードはオンにしておくこと。探検イベントが発生するようなので。 

    tombi-aburage.hatenadiary.jp

新世界の海岸 coast は探索しない

  • 探検家で海岸を探索すると、7つの都市捜索ができる対象の陸地が減ることになるので、海岸を探索せずに中の陸地だけを探索する。

    f:id:tombi-aburage:20170124200204p:plain
    このように、海岸部も含めて7つの都市捜索の対象にして、中身を全部くりぬく。  

  • 地図をよく見ると陸地の縁は分かるはず。縁を発見したら、そこへコンキスタドールを上陸させて、海岸と内陸の両方も探索させる。

    f:id:tombi-aburage:20170124195930p:plain

旧世界は真逆

  • まず探検家で海を全て探索し、次に海岸を全て探索する。
  • 次にコンキスタドールにて内陸を探索する。

陸軍は各連隊500名以上

  • 端数の連隊が混じると、7つの都市探索を継続してくれないことが多い。
  • 最低2個連隊、できれば4個連隊くらいで探索させる。いつ死ぬか分からないので傭兵の方が良い。戦争で士気最大の時は1~2個連隊でも問題ない。

原住民蜂起 native uprising への対策

  • 貿易会社 trading company の対象地域の場合、忘れずに州を貿易会社に編入すること。
  • 陸軍維持費を最低にしている平時は、駐留軍を原住民の員数よりも2~4個連隊ぶん多くしておく。(新世界の場合は同数で可)
    戦時で陸軍維持費を上げているときは同数に減らしてもよい。
  • 叛乱軍とは違って月初日1日に蜂起するので、常に最良の将軍を割り当てておくこと。

植民の優先順位

  • 植民関連の使命が発動する州、または征服関連の使命達成の橋頭堡となる位置にある州
  • 交易中心地、良港、河口がある交易力の高い州
  • 輸送船で30日以内に到着できる位置の州
    海上損耗を抑えるため。
  • すでに植民が終わった州に隣接する州
    植民が早く、蜂起されたとき隣で傭兵を生産できるので便利。
  • 他国に領有権主張をつけられる近隣の州
    ただし植民が終わらないと、近隣に領有権主張は付けられるにもかかわらず、占領しても中核化はできないので、攻め込むタイミングには注意すること。