※英語版に基づきます。日本語版の訳語は知りませんので、置き換えてください。

〔関連書籍〕帝国の最期の日々

下巻は着飾ったナポレオンが表紙。

下巻は時代的には近代メインなので EU 期間中のものは革命フランスと中華帝国くらいか。

  • 11 ナポレオンまたはフランスの夢の終わり 1812 - 1815
    ナポレオンの栄光が終了 = フランス終了。
  • 12 中華帝国の9つの人生
    Mandate of Heaven で天命尽きると支配者交代という特徴がよくわかる。

崩壊したのは近代だが、

  • 13 オーストリア王家の終焉 1918
  • 14 オスマン帝国の最期 1918 - 1922

なども、それまでの勢力図などがあって面白い。

上巻はきっと古代から近世までだろうから探してみよう。

帝国の最期の日々 下

帝国の最期の日々 下

 

 上巻を見つけた。期待どおり、いくつは近世だった。

帝国の最期の日々 上

帝国の最期の日々 上

 
  • 7 コンスタンティノープルの55日間 1453
    最期のみなので、他のビザンツ帝国ものの方が全体がわかって面白いかも。
  • 8 一つの帝国から別の帝国へ メキシコ人からスペイン人へ 1519 - 1522
    やっと支配を確立したところへスペイン登場し、成果を横取りされる。
  • 9 予告された死の年代記 神聖ローマ帝国の最期 1806
    フランスに西から食われ続け、宗教対立で内部崩壊気味のところに、ナポレオンにライン同盟を切り崩されて崩壊。
  • 10 スペイン帝国の長い衰退期 1588 - 1898
    アルマダ壊滅で終わったわけではなく、その後もけっこう粘りに粘った。

なお、この作者は最期シリーズを出しているようで、王たちの最期の日々というシリーズもある。

これは、すべての王ではなくて、フランス(フランク族)の王だけに絞って死ぬ直前のエピソードを集めてあるもの。

王たちの最期の日々 上

王たちの最期の日々 上

 
王たちの最期の日々 下

王たちの最期の日々 下