※英語版に基づきます。日本語版の訳語は知りませんので、置き換えてください。

毎回余ってしまう威信 prestige の有効な使い方

序盤から中盤にかけては、いつも軍事君主点と威信が余る。

100を超えた分は単純に切り捨てられ、何か損したような気がするので、意識的に使っていくことにした。

廃嫡 Disinherit する

ダメな後継者を廃嫡すると、威信が50減らせる。いわゆる後継者ガチャ。

f:id:tombi-aburage:20180630134627j:plain

今回初めてやってみたが、何せもとが 1-1-3 だったので、当然マシな結果になった。
17歳になってからやるのは遅すぎで、摂政政治になるリスクが高いから、本来は生まれた直後にやっておくべき。

なお何かイベント選択のウインドウが出ているときには、廃嫡はできない。

例えば威信を増やすようなイベントが出てオーバーフローしそうなので、慌てて廃嫡するという操作はできない。したがって、やるならば事前にやっておくこと。

というかゼロ歳児のときに、能力不足なら威信の余りなど気にせず決行するのが一番良いようだ。CK2みたいに成長過程で能力が大きく変化することはないので。

属国の自由への渇望 Liberty Disire を下げる

威信20で10%減らせる。これは、ほぼいつでも行えるので、和平交渉で威信が増えることが確実なら、その前に LD を下げるなどこまめに行ったほうがいい。

土地を売る

アフリカには開発 development が3~9位のゴミのような州がある。
これらは、その州に興味をもっている、もしくは文化が同じ近辺のアフリカ諸国にそこそこのお金で売り払える可能性がある。1州ごとに威信10かかるが、代わりに40~120くらいもらえるので、序盤の金欠期には役に立つ。

開発が少ないぶん過剰拡大へのインパクトも小さいので、もし高値で売れなくても、中核化せず、しばらくそのまま持っておけばよい。

和平交渉のさい、わずかばかりの一時賠償金を請求するために多くの戦勝点 war score を費やすかわりに、領有権主張をつけていない低開発の州を幾つか余計に奪い取っておき、和平後に切り売りして資金回収する手口も戦勝点の有効活用・和平期間中の周辺国からの資金巻き上げという意味ではけっこう使える。