読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
※英語版に基づきます。日本語版の訳語は知りませんので、置き換えてください。

EU2だかEU3だかとは違って5州あっても属国化はできる

本日の教訓

まだ所領がかなり残っているトレムセンを食い散らそうと思い、オランほか2州に領有権主張した。

チュニスが一人で包囲網

多分これとは無関係と思うが、途中でチュニスが急にブチギレ、包囲網を一人で結成。

ライバルなのにトレムセンも参加?

するとなぜか、チュニスのライバルのトレムセンが自主的に参加。さっきチュニスに領土奪われたばかりなのに、なかなか現実的な政治判断をしやがる...と感心した。

関係改善したら、あっさりチュニスがハシゴを外した

チュニスが参加すると泥沼化確定であり、ポルトガルのライバルでもないので、外交官が最高速で関係改善。
半年くらいで包囲網から発起人のチュニスが抜けて、トレムセン単独の包囲網?に縮退した。

さよならトレムセン

その後、先のチュニス侵攻のせいで2個連隊しかもってないトレムセンを30秒で蹂躙。
途中でマジャブがトレムセンに宣戦布告する余興があったが、支障なく全土占領した。

和平交渉では当然、領土要求のつもりだったが、5州あっても属国化可能と戦勝点が出ていたので方針変更。属国化した。

EU3だかEU2では4つ以下でないとダメという印象だったが、EU4では税収合計基準で州数は関係ないらしい。

マジャブにお仕置き

属国化したので、宗主国ポルトガルと戦争に。トレムセンが領有権主張している州と賠償金で和平してあげました。

占領地はトレムセンが17ダカットで買ってくれました。