※英語版に基づきます。日本語版の訳語は知りませんので、置き換えてください。

<関連書籍>ゲーム学の新時代、現代ゲーム全史

以前に PC Gamer にゲーム史の記事が掲載されたので、そういうものをまとめたものが無いのか、それとなく気にしていたのだが、

tombi-aburage.hatenadiary.jp

ビデオゲームの歴史やら文化史みたいなものが、2000年ごろからゲーム・スタティーズとして学問化したらしい。

ゲーム学の新時代

  • アーケード
  • コンソール(コンシューマ)
  • コンピュータ(アタリ、コモドールあたりから現在まで)
  • オンラインゲーム

に至るまで、いわゆるビデオゲーム全域をカバーする学際的な学問だそうだ。

劣化するFDD(フロッピーディスク)やCD、あるいは基盤上のゲームを救うために、過去のゲームを蒐集・保存したりしているらしい。

ゲーム学の新時代 遊戯の原理 AIの野生 拡張するリアリティ

ゲーム学の新時代 遊戯の原理 AIの野生 拡張するリアリティ

 

日本の学者(?)による書籍なので、ゲームも、ハイドライドやらザナドゥやらファミコン以前から、最近は巣鴨のおばあちゃんゲームとなっているポケモンGoの実情にまで言及されている。

ただし学問としての書籍なので、ゲーム画像やら個別の説明やらは一切ない。

<戦わない戦争ゲーム>にみるゲームデザインの多様性

ついに Paradox も言及されていた。 ただし Crusader Kings、Hearts of Iron だけだが。EU は日本語版がないからか言及されず。

Paradox Interactive 社が作るストラテジーゲームの多くは、一応の勝利条件を持つことは多い(中略)が、ではそのプレイヤーが勝利を目指してプレイしているかと問われると、「目指していなくはない」程度の話となることがしばしばだ。

そのとおりですな。

このように、ストラテジーとサバイバルの組み合わせも世界的なヒット作を生んだが、その一方で、Paradox Interactive 社の作品は一般に「マニアック」という評価を受けていることは指摘せざるを得ない。

ははは。まあそうですな。

研究資源としてのゲームアーカイブ

ゲームを記述するメタデータモデルやら、図書館学を参考にしたゲーム書誌の標準化の活動などもあるらしい。

https://researchmap.jp/?action=cv_download_main&upload_id=127922

https://researchmap.jp/?action=cv_download_main&upload_id=154306

…データモデリングと同じじゃね?

<メタAI>がひらく可能性

一般的なゲームAIの構造について書いてある。

  • エージェント(キャラクター)AI、ナビゲーションAI、メタAI
  • ワールドアナライザー、ワールドエフェクター

ainow.ai

人工知能からはじめるゲーム学

とくに人口知能(AI)との関わりで、ゲーム設計のアーキテクチャについて書いてある。

現代ゲーム全史 文明の遊戯史観から

上記の書籍の著者でもある方の書籍。

上記の書籍は一般受け(読みやすさ)重視の内容で、XEVIOUSゼビウス)開発者の遠藤氏のコラムから始まる柔らかさだが、こちらは最初からぶっ飛ばしている。

厚さも2倍あるし。

現代ゲーム全史  文明の遊戯史観から

現代ゲーム全史 文明の遊戯史観から

 

STEAM Winter Sale

ステラリス Stellaris

イベリアンアップデートが出ているのは知っているが、ステラリス Stellaris を買ってしまった。宇宙ゲーのくせに日単位のリアルタイム制というのには違和感があるが、戦闘はめったになく単純なので、EU IV ほど時間はとらない感じだ。

tombi-aburage.hatenablog.jp

チュートリアルはあるものの、専用のシナリオではないので要領よく教えてくれない。
普通のプレイの合間に、アドバイスとしてチュートリアル(助言)が行われるという感じだった。

tombi-aburage.hatenablog.jp

印象としては、

  • イベントシステムは、過去の宇宙ゲーと比べてはるかに優れている
  • 戦闘するならば SotS Prime のほうが分かりやすいし面白い
  • 外交・内政は頻繁に仕様変更されているらしく、まだこなれていない

といったところだ。

エンドレスレジェンド Endless Legend

ステラリスの未熟さに飽きて、しばらく改良待ち。久しぶりにELを再開したら大分改良されていて再度ハマり中。

発売4年目でもう死んだと思っていたら、拡張とパッチが昨年秋に出ていた。

ターン制はプレイ時間が短く、疲れないのがよい。 リアルだと常に画面の隅々まで注意しないといけないので気が休まらない。

PC Gamer に THE HISTORY of the STRATEGY GAME という記事

アメリカの空港で、移動中の暇潰しに
PC Gamer ##312 HOLIDAY 2018 を買ってみた。

www.pcgamer.com

その中に

新作パラドゲー IMPERATOR:ROME の記事のほかに、

THE HISTORY of the STRATEGY GAME という記事の掲載があり、中々面白かった。

今は亡き SSI、Avalon Hill などのボードゲームから始まり、今は亡き Atari などが PC ゲームを開発して移行してきたわけだが、

その黎明期からゲーム画面イメージ付きで紹介されている。

画面イメージありで紹介されたゲームだけ挙げると:

  • Computer Bismark
  • Eastern Front
  • Reach for the Stars

この辺は、多分やったことないな…

Reach for the Stars によく似た宇宙征服ゲームを MSX でやった記憶はあるが。

CivMac でやった。エリザベスの超粗いドット絵が掲載されており懐かしい。
PANZER GENERAL はやっていない。

日本では、大戦略とかマスターオブマジックのほうがメジャーだったはず。

  • X-COM
  • Civ II
  • Alpha Centauri
  • WORMS

Civ II、Alpha Centauri はやった。
宇宙モノというと Master of Orion だが画像はなかった。

World of Warcraft、CLOSE COMBAT はやった。
こいつらが戦略級かというと怪しいが。

AoEポピュラス、Homeworld はやったな。
こいつらが戦略級かというと怪しいが。

PC Gamer はイギリスの雑誌なので、日本のゲームについては、筆者があまり知らないようなので、その辺は惜しいところ。

とりあえずこの号は Part I ということで、パラドゲーは登場しなかった。
次の号を読みたいが、日本では売っていないので、オンライン契約で購入するしかなさそうだ。

米国で発売されている印刷版だと #312 と書かれていたが、オンライン版では Issue 324 らしいので、325 に続きがのっているようだ。

we bring your the second half of our deep dive into the history of strategy gaming

しかし、販売サイトである

www.myfavouritemagazines.co.uk

のおいては、デジタル版を欲しい号だけ買うということができないらしく、融通が利かない。
印刷版はバックナンバーが号単位で買えるが、デジタル版については買えない。
なぜこんなECサイトになっているのか謎である。

いまデジタル版で3か月のサブスクリプション契約をしたら、過去の号が来るはずもないし。

Amazon では UK のサイトに、PC Gamer (UK Edition) Kindle 版で 出品されているが、これもよく見るとサブクスクリプション契約であり号単位の購入ではなかったので、結局のところ同じことだった。

しかも日本の利用者は買えないという・・・

This title is available to UK customers only.

どこかで1年版まとめたバックナンバーでもが出たら、それを買うしかないか。

STEAM Autumn Sale

Civilization VI は75%引き、V に至っては 92% 引き。
どうしても VI を買わせたいらしい。やっぱり IV が最高だったな…

Stellaris も 59%引き、HoI IV 60%引き。
そろそろ買ってもいいのだが、イベリアンアップデートが出たら直ちにやらなくなりそうなのでスルー。

Dominion 5 は 30%引き。しかしまず以前に購入した4をやろうと思う。

EU4、CK2 については、65%~50%の間。

Empire Bundle というのが全部入り大人買いセットのようで、1万円を切っている。

f:id:tombi-aburage:20181123081142p:plain

すでに大半持っている状態でこれを買うと、持っていない奴だけの差分購入となるようだ。CoC、Roma、ブリカスDLCは持っていないので1786円となっている。

f:id:tombi-aburage:20181123081311p:plain

まあ、今は買わないけど。しかしブリカスDLCの評価がAoW、CSよりも良いのは解せない。

EU Empire Founder Pack は大陸国家向きのセットという位置づけのようだ。 

  • Art of War
  • Common Sense
  • Rights of Man

f:id:tombi-aburage:20181123080441p:plain

外洋・植民国家には向かないな。

 

明の朝貢国を攻めても戦力投射が得られるようだ

明を宿敵 rival 指定している状態で、朝貢国のラーンサーンから領土を幾つか奪ったら、戦力投射 power projection が +19も得られた。明の領土ではないはずだが。

f:id:tombi-aburage:20181123075324j:plain

バグか?

ベトナム戦争で7万の損耗

マレー、スマトラを概ね掌握したので、属国ジョホール Johor に領有権主張を捏造させ、インドシナに侵攻した。

同盟関係の都合上、ビルマのアヴァ Ava に宣戦し、インドシナ半島を制覇していたラーンサーン Lan Xang、クメールを巻き込んだ。

グレートブリテンは、マレー、スマトラ攻略には参戦したくせにビルマは遠すぎ too distant だと言い張って参戦しないので、ポルトガルジョホール、同君下位のカスティリャで攻め込んだ。

もっともマレー戦でもグレートブリテンは、なぜか台湾の植民地に4万もの陸軍を上陸させて勝手に損耗し、後にマレーに一部を移動・上陸させたものの勝ち戦に追い討ちかける以上の貢献はしてくれなかったので、大して期待はしてなかったが・・・

ビルマのアヴァは、南北に細長く、3つの要塞を順番に抜いていく必要があり大変時間がかかった。インドシナ側から朝貢国経由で陸軍の大群が増援にきてガチンコ数回。

f:id:tombi-aburage:20181114023212j:plain

気がつくと、6万弱あった人的資源は払底した。諸身分との取引で1万強を手配したが、それも数ヶ月で払底した。

要塞レベルが3以上、損耗が4%と高率なので、攻囲戦での人的資源の減り方がキツい。

インドシナ側も同様で、ラーンサーンとのガチンコは回避し続けたが、攻囲戦だけでもどんどん吸われた。

しばらく常備軍メインだったが、傭兵を雇い直しだ。

絶対主義を上げるための地道な作業

早く絶対主義 absolutism を上げるためには地方自治 local autonomy 10%を超える州を見つけ出し、軒並み下げていく必要がある。

しかし国家統計 ledger を見ても、地方自治の値は出ていなかったので、どこかにないものか?と思ってインタフェースをつついていたら、左上の地方自治タブに一応あった。

f:id:tombi-aburage:20181112080528j:plain

ただし、これを見たところで、地域中核 territorial core のままにしてある州について、真の地方自治の値が分からない。それらは常に地方自治75%に見えているため、いったん直轄地にして真の地方自治の値を調べる必要がある。面倒くさい。

経験則としては、

  • 最近、占領した州ほど地方自治は高い
    長く支配している土地は10%未満になっていることが多い。
  • 叛乱軍に占拠されたことがある州の地方自治は高い
  • 属国を外交併合したさいに獲得した州の地方自治は高い
    叛乱抑制のためAIが地方自治を上げていたと思われる

ので、それを目安に虱潰しに探していった。

見つけ出したら、一つずつポチっていく。

f:id:tombi-aburage:20181111235557j:plain

同一の直轄地域内のすべての州をポチったら、再び地域中核 Territorial Core に戻し、次の地域を調べる。これを繰り返す。

f:id:tombi-aburage:20181112001027j:plain