※英語版に基づきます。日本語版の訳語は知りませんので、置き換えてください。

グラフィックボード交換 GTX 1060 AERO ITX 6G OC

昨年末ごろから、1540年なのにユニット移動が時折カクカクしたり、ちらついたりするようになり、もしかしてPC性能が限界なのでは?と疑い始めた。

2011年に組んだ自作PCのスペック

  • CPU:AMD Phenom II X6 1055T (125W)
    もはやベンチマークも見当たらないような旧式だが、当時2万円以下で実は6コアという素敵なCPU(当時)

    ascii.jp

  • グラフィックボード:Radeon HD 6850

    www.4gamer.netマザーボードの内蔵グラボ Radeon HD 4290 では力不足な気がして、当時2万円位で追加したもの。シェーダ 960基、コアクロック 775MHz、メモリ1GB

  • メモリ:CORSAIR xms3 (2GB*4枚)

 

グラフィックボードを交換

リソースモニタで観測したところ、CPU、メモリはネックではないという結果だったので、とりあえずグラフィックボードを犯人ということにして部品交換...オラァ!  

もしグラボが犯人ではなかった場合、ケース、マザボ、CPUも含め全部自作し直すことも想定して、Micro-ITX に対応できるショート基盤のグラボにしておいた。

ということなので、当社比12倍(クロック2倍、メモリ6倍)ということにしておく。

年末に購入したときは 28,800円だったが、今はグラボ価格が高騰して 40,000円になっているらしい。年明けから店頭にグラボ品薄と張り紙されていたので、いったい何だろう?と思っていたが、こんなことになっていたとは...

f:id:tombi-aburage:20180217083501p:plain

出典:価格.com - MSI GTX 1060 AERO ITX 6G OC [PCIExp 6GB] 価格推移グラフ

....しかし、この浮いたお金(錯覚)でDLCが買えるぞ!(飛躍)

カクカクはなくなった。

しかし年末から年初にかけて Windows アップデートが盛んに走っていたので、本当にグラボが原因だったのかは分からない。

性能について

今回はゲームプレイ中に生じた性能問題(初めて)だったが、
2年前にゲーム起動にかかる時間に不満を感じてHDD を SSD に交換している。

tombi-aburage.hatenadiary.jp

散々ハマったが、SSDWindows OS、EU4 をインストールし直したことで、OSやゲームの起動性能や自動セーブの時間短縮に目覚ましい効果があったので、

まだ HDD で運用しているような方は SSD への移行をお勧めします。

 

3度目の懲罰戦争で遂に同盟無視 dishonor alliance

イタリアを荒らしたツケで懲罰戦争が周期的に起きている。多分、今回で3回目。

これまでは同盟国3カ国はいつも同盟を尊重して参戦してくれていたが、
ついに2カ国が同盟無視して参戦しなくなった。

  • イングランド プレイ開始時点からずっと同盟国だが、同盟無視。
  • サヴォイ   一度切られたことはあるが、次に長い同盟国。同盟無視。
  • オーストリア サヴォイと同時期に同盟。参戦。
  • ブラバント  大包囲網の再形成が不安で3ヶ月前に同盟。参戦。

懲罰戦争とはいえ、防衛戦争であることに違いはないので、参戦しない事態に驚きを禁じ得ない。何が原因たりうるのか調べてみた。

想定される原因

  • 同盟国が借金漬け、人的資源枯渇、戦争疲弊 war exhaustionで参戦できない
  • 自国の外交評判が低い
    外交併合によるペナルティ、他国が諜報アイデア espionage の外交アクション Sabotage Reputation を使って評判を下げているなどがあるらしい
  • 懲罰戦争の開戦国と同盟国が仲がいい
  • 同盟国の信用 trust が低い
    ただし100であっても無視されることがあるらしい

といったところが挙げられていた。

実際はどうか?

  • 同盟国が借金漬けで参戦できない
    これは統計 ledger で調べることができる。両国とも資産500以上で財政黒字。
    人的資源、戦争疲弊も普通。したがって該当しない。
  • 自国の外交評判が低い
    これは外交 diplomacy タブで調べることができる。
    特におかしなペナルティはないようだ。外交併合はしていないし。
  • 懲罰戦争の開戦国と同盟国が仲がいい
    開戦国 Trier の外交タブで心証 opinion を確認。特に仲がよいわけでもない。
  • 同盟国の心証 opinion が低い
    イングランドは現在55で友好 Friendly (開戦前は105)、サヴォイは現在12で脅威 Threatened(開戦前は62)。これもあまり関係なさそう。
  • 同盟国の信用 trust が低い
    信用は70と62。好意 favor は両国とも47。これらも低いとまでは。

原因はわからずじまい

参戦したオーストリアは現在 心証154、信用 43、好意 42なので、信用と好意は多分関係ないと思われる。

3カ月前に同盟したブラバントは心証77、信用 50、好意 0だが、これも参戦していることだし。

数年後に再同盟した後、他国に宣戦布告するフリでもして、その画面で原因を調べてみようと思う。

 

 

 

 

ロンバルディ好きのアントニオ(君主)

攻城戦の途中で君主が死亡。後継者のアントニオに引き継がれた。

その直後にイベント発生。

ロンバルディアの不穏が下がるかわりに、ポルトガル文化の他州は不穏があがるらしい。よく由来がわからないなあ。

f:id:tombi-aburage:20180213025411j:plain

緊急事態!オスマンの独立支援のせいで属国3国の自由への渇望が100%に!

オスマンが我が属国スース Sus に独立支援 Support Independence を発動したら、なぜかわからないが属国3国すべてで自由への渇望 Liberty Desire (LD) が100%になった。

f:id:tombi-aburage:20180130202332j:plain

どうすればいいんだ? 調べるか...

属国収入ゼロ、併合不可は痛いな...

まあ仮に独立戦争を起こされても、全部倒すことはできそうだが面倒だしな。

調べてみたら...

  • 100%になっても、自国が強い間は、すぐ独立するわけではない。100年経っても何も起きないこともある。
  • 関係改善を上限+200まで上げれば、応分には下がる(が、オスマン効果を上周りはするまい)
  • 開発100を超えると自由への渇望が高まる(と、今気づいても遅い)
  • 属国同士が同盟しているので、揃って100%になったっぽい
  • 独立戦争を鎮圧すれば下がるらしい

オスマンを攻めて支援を撤回させるのが正攻法のようだが、別の国が支援すれば結局同じことになりそうなので、さしあたり放置とした。

以下によれば

www.reddit.com

  • 独立戦争を仕掛けられるまで待つ。防衛側なので同盟国が助けてくれるだろう。
  • 独立支援している国に先に仕掛けて何とかして倒すと同時に、速やかに併合を完了させる。併合しないと別の仮想敵国がまた支援するので。

とのこと。ただしすでに自由への渇望が50を越えてしまっているから併合は進捗しないハズなので、後者がどうやって実現できるのかはよく分からなかった。

宣戦布告すると一時的に下がる(ような気がする)のを利用するのかなぁ?

独立戦争勃発

多分5年経たないうちに、アルジェ Algier がスース Sus、グレート・フロ Fulo、オスマンを引き連れて独立戦争を開始した。

圧倒的なポルトガル語軍にあっさり首都を占領されたグレート・フロが最初に個別和平を求めてきたので応じたら、フロは属国 Subjets に復帰するとともに自由への渇望 LD はゼロにリセットされた。

f:id:tombi-aburage:20180211100254j:plain

これなら関係改善すれば併合は開始できそうだ。というか、もっと早く蜂起してくれてよかったぞ。次はスース、アルジェを黙らせねば...

独立戦争終息

仮想敵国のオスマン、フランス、カスティーリャは、すぐには 独立保障をかけてこないようだ。かけられる前に、併合せねばな...

f:id:tombi-aburage:20180212095842j:plain

いったん蜂起すると、属国の経歴もリセットされるようだ

一所懸命に +190 に戻したというのに、併合できねえじゃねえか !
先に言えよ! また10年も待つのか...

f:id:tombi-aburage:20180212165337j:plain

 

包囲網 coalition 対策のベストプラクティス

包囲網 coalition のさばき方についての手引き coalition handling guide より抄訳・加筆

https://forum.paradoxplaza.com/forum/index.php?threads/coalition-handling-guide.956958/

第一章:攻撃的拡張 AE と包囲網 Coalitions 

攻撃的拡張 AE: Aggresive Expansion の算出においては、距離 distance 、文化グループ cultural group 、地域 region、宗教 religion の4点が主に考慮される。

このことから、AEをあまり増やさずに占領できるのは以下の5地域。

*欧州中枢に近い国でプレイする前提で説明していると思われる。ポルトガル的にはアフリカ各地方、新大陸、イベリア、がんばってグレート・ブリテンですので。

  • グレート・ブリテン Great Britain
    孤立した地域で文化も固有。距離の影響を受ける隣国はブルゴーニュ、フランスの2国しかない。
  • イベリア Iberia
    同様に孤立・文化固有。南方はスンニ派であり異教のため AE は増えにくい。距離の影響を受ける隣国はフランスのみ。地域内に3国しかないので戦いやすい。
  • スカンジナビア
    同様に孤立。デンマークはドイツ諸邦があるので要注意だが、スウェーデンノルウェーは距離の影響なし。宗教の違い(異端)により唯一の隣国ロシアへの影響は軽減。
  • ロシア
    宗教の違いにより影響軽微。固有の地域。距離の影響がある隣国はポリ連合、両騎士団、ノルウェースウェーデンなど数か国のみ。
  • オスマン
    ロシアのスンニ派版。同一宗教のスンニ派には作用するが、結局オスマンに接収される弱国なので関係なし。

他には、以下の点も影響する。

  • 同盟 Allies と従属国 subjects:AE軽減、属国 Vassal は AE 影響ゼロ
    したがって予め同盟しておくことは、潜在的に包囲網の構成国を減らす手堅い方法といえる。
  • 神聖ローマ帝国 HRE:HRE対象州を併合すると AE 加増
    イタリア諸邦の攻略は少なくとも Shadow Kingdom の発生後がいいだろう。 

    tombi-aburage.hatenadiary.jp

  • 直接の宣戦相手:AE は2倍
  • 共戦国 Co-belligerent::共戦国に指定しなかった敵国から領土を奪うと AE加増

これらのことから、上記の5地域のうち1つか2つの地域を選び、そこに集中する戦略が望ましい。

それら辺境地域で300 AE になろうと、その他(欧州の中枢)で 50 を超えていなければ問題はない。

また停戦 truce 期間や時期を制御することも重要。AI は和平期間の間、包囲網に加わることができない。

  • 宗教アイデアグループの最終アイデアである神の御心のままに Deus Vult は正教、コプト教の国にとっては効果絶大。
    AE -25% 割引、和平のさいの外交君主点が少ない。
  • 影響アイデアグループは AE -20% 割引とやや効果小さく、外交君主点 1600 必要。
  • 外交アイデアは関係改善ボーナスのおかげで時間経過による AE 減少が早くなる。

外交併合 diplomatic vassalising を活用すれば AE を大幅削減できる。

影響アイデアグループをとり大国と 100% 和平を行う。領土は一切取らず、開発 100 以下の国を解放 release するとAE はさほど増えず、和平後すぐに外交併合を開始できる。

多くの中核州を持っていた亡国(ペルシャなど)の中核州を1か所確保し、属国 Vassal として開放した上で、領土回復 reconquest 戦争を仕掛けて中核州を回収すれば、通常の征服 CB と比べて25%の AE で済む。

第二章:包囲網 Coalition

包囲網に加盟する条件は、

  • AE 50以上
  • 停戦 turce 状態でない
  • 心証 opinion がマイナスで、激怒している outraged

自動的に離脱する条件は、加入期間が 2年を超えていて心証 50以上。

常備軍・軍事力評価・陸軍維持費の状態による影響もあるようで、低いと包囲網が形成されやすい。

包囲網の強さは、Threaten War 画面でおおよそ判定できる。仮想敵国 rival の設定画面でも相対的な力の強さは大体わかる。

第三章:包囲網 Coalition への対処のコツ

  1. 外交官 diplomats を送って(将来の)征服により AE が大きく上がりそうなあらゆる国と関係改善 improve relations しておく。
  2. 和平交渉 peace deal 画面で AE アイコンの上にマウスカーソルをかざし、どの国が包囲網に加わりそうか見ておき予め外交官を送っておく。和平後に心証 opinion +20 以上になるように関係改善しておくのが目安。
    *関係改善だけでなく、大国による影響力行使、贈与、独立保障など、心証 opinion を一時的に上げるあらゆる手段を活用
  3. 心証 opinion がマイナスかつ AE +50 の場合において、自国とその国とが停戦 truce 状態ではなく、その国が平和なときは、包囲網に加わる可能性がある。
    しかし停戦状態が終わってから包囲網に加わるまでには、たいてい数日間の猶予があるので、直ちに宣戦布告できるよう準備しておけばよい。
  4. 重要!停戦期間のローテーションをすることで包囲網形成を防げ!

停戦期間切れのポップアップを有効にしておく

f:id:tombi-aburage:20180203091211j:plain

もちろん停戦後にすぐ開戦できるよう準備しておく必要がある。

戦争の脅し threaten war で州を要求して包囲網を解体できる場合がある。
包囲網が相対的に弱い場合には、州を明け渡す可能性が高い。

同盟関係を確認しておく

  • 包囲網には必ず弱点がある。そこを後述する共戦国 co-belligerent の目標とする。
  • 包囲網の中の大国を別の戦争の非共戦国として巻き込み、包囲網の戦力から切り離すことも有益。
  • 和平条件で同盟関係を解消させ、和平期間の経過後にしか包囲網に戻れないようにするのも有益。

停戦アイコンを注視

どの国といつ停戦切れになるか調べ、その国が戦争中でないかも確認する。

戦争中の場合には包囲網には加われないので、慌てて宣戦布告する必要はない。

包囲網の加盟国が包囲網に無関係な国の共戦国になっている場合もありうるので、基本的に全ての国の開戦・終戦時にポップアップ・一時停止するよう設定しておくとよい。

戦争中でない加盟国については、停戦期間切れのポップアップを設定しておき、外交官を一人遊ばせておくことで、すぐに宣戦布告できるようにする。

まずは兎に角、宣戦布告をすぐに行い、侵攻は後になってもかまわない。
包囲網に加わるのをむざむざ許すくらいなら、宣戦布告しておいた方がマシだ。

重要!共戦国 co-belligerent 指定による解体

包囲網が形成されたら、包囲網に加盟しているいずれかの国を、包囲網外の同盟国に対する戦争の共戦国 co-belligerent に指定することで解体できる。

当然、すべての包囲網加盟国が釣られて参戦するが、個別和平することはできるので、通常の懲罰戦争よりは戦いやすい(パッチ1.21時点、以降は未確認)。

大国 greater power の外交による停戦期間のローテーション

包囲網に加わっている大国が関与している戦争に介入 intervene し、大国と停戦すると、包囲網の相対的な戦力は低下するので、その他の加盟国は離脱し始める。

包囲網を攻撃しやすくするために、包囲網加盟国との同盟関係を切らせる break alliance のもよい。

包囲網に加わる可能性がある国を、停戦期間が切れ次第攻撃

包囲網が形成され始めたらすぐ、他の国が加盟する前に包囲網を攻撃・解体する。
もしCBが無くてこれができない場合、そもそも失敗しているので話にならないが...

  • 例えば橋頭堡となる州を確保しておき聖戦 holy war をいつでも開始できるようにする。
  • もしくは戦争の脅し threaten war で州を譲らせることで停戦期間を延長できるよう、ほとんど無価値な州に対しても領有権主張をしておく。

停戦期間のローテーションは何よりも重要。外交官を活用する、AE 地図モードを見る、和平交渉画面でどの国が包囲網に加わるかを確認するなどを怠りなく。

同時に複数の戦争を遂行できるよう準備しておく

その程度のマイクロマネジメントもできないようなら滅ぼされることになる。

陸軍が目標州に到達したらポップアップ・一時停止をするように設定しておくのもよいだろう。とにかく電撃戦で。

包囲網が形成されている途中、手ごろな大きさになったところで戦争を仕掛けて100%和平。また次の包囲網が形成されはじめるので、手ごろな大きさになったところで戦争を仕掛け100%和平。といった具合に。

贈与 gift や干渉 influence nation を駆使して一時的に関係改善ボーナスを加算

多大な AE の和平交渉の前にこれらをやっておけば、包囲網に加わりにくくなる。
そうして宥めておいて、後からその国を侵略するわけだが。

大国に対して聖戦 holy war、革命 revolutionary、その他優勢 superiority 系の CBをつけておくと有益

大きな戦闘に勝てば、大量に戦争点 war score がもらえる。
停戦期間を延長するためだけの目的で電撃戦を仕掛けるのもよい。

叩きのめした国を属国 vassal にし、中核州 core を回復させる。

他国に食い散らかされたフランスやポリ連合などを属国にすれば、少ないAEで再征服できる。

戦争の脅し threaten war で属国の中核州を要求して(半永久的に)停戦を維持できるが、これには自国が相手国よりもかなり強国である必要がある。

ローマ帝国 HRE

カトリックを攻撃しているかぎり、外交官を送って関係を +100まで高めておけば、プロテスタント諸邦は包囲網に加わりにくい。

カトリックだがHREの圏外のミラノを全土占領しても、プロテスタント・スイスは80 AEながらも関係はプラスのままといった具合。

重要!同盟解消の和平条件を活用せよ

仮想敵国 rival の関係が変わって隣国に突然襲い掛かる、といった騒擾状態を生み出せる。交戦中の国は包囲網に加わらないので、形成阻止に役立つ。

懲罰戦争 punitive war を防衛的に戦わざるをえなくなった場合、戦争点を51%以上に維持すること

参戦国の交戦意欲 war enthusiasm がなんと30低下する。

懲罰戦争 punitive war は優勢系 superiority 戦争なので、すべての戦いに勝ち、戦争点の加算を狙うこと。

和平の時期に留意

AE は年代わりのさいに漸減するので、AE 50-52 となるように12月後半に和平する場合には、包囲網に加わる時間がないため概ね安全。

孤立した包囲網加盟国や小国に対して宣戦布告して速やかに全土を占領

厭戦気分 war exhaustion と戦争期間 length of war が増えるまで待って白紙和平に持ち込む。 

*もちろん普通に戦って戦闘に勝ち続ければ、白紙以外の和平もできる。

tombi-aburage.hatenadiary.jp 

教皇庁支配者 curia controller となる

破門 excommunication CB は AE -20%、外交官も1名追加され、AE 50%の宣戦事由 Causus Belli はかなり効く。

*包囲網加盟国が支配者となって、逆に自分が破門されることのほうが多いので、
 教皇庁 The Papal State との関係維持のほうが大事とは思う...

戦争を仕掛ける地域をローテーションさせる。

*当たり前。AEや包囲網以前に、中核化が中断されかねないので。

同盟国の借金増大や戦争の難航に気付いたら助ける。同盟を無視されると痛いので。

包囲網戦争にひどく負けた場合には

包囲網加盟国の中核州を同盟国が支配している場合には、開戦直後に同盟国の領土を差し出して和平することができる。

同盟国は非共戦国 non-cobelligerent 扱いなので戦争点は2倍に計算されるため、2~3州の啓上ですむことだろう。

同様に同盟国の領土が占領された後、その領土内に独立国を解放させることもできる。

自国の文化グループに属する独立国を解放するのもよい。AE の減少幅が大きく、後から自分で取り戻しやすいので。

2つ以上の包囲網ブロックが形成されたら?

包囲網が同期しないように観察。

同一技術・宗教グループの全部が加わってもなお自国が上回っている状態を維持。

大量の歩兵連隊を作っておくとともに、オスマンや明のような大国と同盟しておく。
対して戦闘の役には立たないにしても時間稼ぎにはなる。

あと10個くらい細かいコツが書いてあったが、以下略

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジョロフに包囲網戦争 coalition war を仕掛けられるとは!

開発3の州を1つしかもっていないジョロフ Jolof が、フランスを引き連れて包囲網戦争coalition war (懲罰戦争 punitive war)を仕掛けてきた。腹立たしい!

f:id:tombi-aburage:20180111203522j:plain

だがジョロフの本土を占領するのは実にたやすく、いつでも和平に持ち込める戦争となったので、むしろ好都合だった。

f:id:tombi-aburage:20180112020614j:plain

ついでにカナリア諸島カスティリャから奪取し、グラナダも独立させた。  

tombi-aburage.hatenadiary.jp

その後、ひたすら数年おきに懲罰戦争が続く

オーストリア、サヴォイが同盟国で、敵国フランスはカメルーンの植民地に4万もの陸軍を派遣しているので何とかなった。自国が同盟国の間に挟まっており天然にガードされているので戦いやすい。

輸送船も21隻たまっているので海岸で攻城戦になっている州は救出しやすいし。

もっともこちらの味方のイングランドも、南アフリカに2万近くを派遣しっぱなしで役に立っていないので互角なわけだが。

f:id:tombi-aburage:20180203215527j:plain

逆らったハンガリー Hungary はズタボロに

ボヘミアやらコモンウェルスやらに攻め込まれているようだ。いい気味...

f:id:tombi-aburage:20180128140218j:plain

 

 

同じ民族の叛乱軍とは戦ってくれないらしい。

属国グレート・フロを引き連れて、フロ分離主義者を討伐しにいったら、ポルトガル軍だけで戦う羽目になった。

f:id:tombi-aburage:20180112000812j:plain

推測するに、同じ民族の叛乱軍とは戦おうとしないようだ。