※英語版に基づきます。日本語版の訳語は知りませんので、置き換えてください。

モーロ人にリスボン占領されたわ

序盤戦で恒例のグラナダ Granada、チュニス Tunis、モロッコ Morroco との3正面戦争で、トレムセン Tlemcen を呼ぶため宣戦布告はグラナダに行うが、攻略はチュニスから先に片付ける方針にて開戦。

しかしセウタ Ceuta 要塞の人員充足を待たずに開戦したため、城壁が崩壊するやいなやモロッコ軍が雪崩れ込み陥落。そのままポルトガル本領に向かわれてしまった。

Persha アップデートで追加されたバイラ Beira の要塞は経費節減のためプレイ開始と同時に取り壊していたので、そのままリスボン Lisboa に直行されて攻城戦 siege となった。

グラナダ軍とあわせて 22,000 もの大軍なので手が出せず、そのまま放置(ときどき周りの領土を取りに来たのを奪い返したりはやった)。

こちらも、ポルトガルはセウタを奪回した後はチュニス方面、ポルトガル軍に率いられたトレムセン 9,000はモロッコ方面に事実上別れて、クロスカウンターでめいめい攻城戦を続けた。

完全にダイス運の勝負となり、リスボンは36%を5回以上、耐えたものの陥落。モーロ人に略奪され尽くした。その後、ポルトガル本領はグラナダ、モロッコに全土占領された。

ことらもモロッコチュニスの要塞のない州は、機動を駆使してすでに全土占領していたが、首都を方位されると収入がかなり減るので、占領地収入で埋め合わせが及ばず、2回も借款をする羽目になった。

セウタに再び22,000が迫り、ジブラルタルにあと8日というギリギリのタイミングだったが、モロッコの首都フェス Fezポルトガル軍率いるトレムセンが落とし、モロッコを切り放すことができた。

陸軍の決戦は無かったが、首都包囲が続いた犠牲は大きく、厭戦気分 war exhaustion は14に。久しぶりに外交君主点を使った。5回も。

教訓:バイラの要塞は取り壊さず、そのままにしとけ

BLACK FRIDAY SALE でSTELLARISが60%引き

f:id:tombi-aburage:20171123053632p:plain

魅力的だが、まだ Dominions 4 を起動すらしていないので今回はスルー。

港湾封鎖すると叛乱軍 rebels の海渡りもできなくなるようだ。

リスボンに海渡りをしようとしている叛乱軍がアンナバにいるが、渡る直前に港湾を封鎖してみたら移動が保留 halt になった。

f:id:tombi-aburage:20171112204738j:plain

リスボンに大軍を集め終わった後、封鎖を解除したら、大軍の待ち受ける中に叛乱軍が渡ってきて、簡単に全滅させることができた。

今まで気づいていなかったが...これは手軽で便利だ。

ポルトガルAAR なかなか楽しい Rights of Man (RoM) 拡張

いつもどおりセットアップ。

tombi-aburage.hatenadiary.jp

いろいろ介入を計画する上で、メッセージのフィルタもけっこう大事だと気付いたので設定することにした。

f:id:tombi-aburage:20171111223315j:plain

開始直後の顧問 advisors

  • 行政 Artist +1
    聖職者に寄付して安定度ボーナスをさらに増大させ、少ない行政君主力投資で+3を目指すために選任した。
  • 外交 Diplomat +2
    他にロクなのがいなかったので、階級との取引で出た 奴を選任した。
  • 軍事 Engineer
    要塞強化イベント発生狙いで選任した。

f:id:tombi-aburage:20171111222750j:plain

仮想敵国 rival 指定

f:id:tombi-aburage:20171111222826j:plain

いきなり来ました、アラゴンナバラ侵攻 1445.4

これは介入せねば。ナバラとの関係改善に着手した。

f:id:tombi-aburage:20171111224343j:plain

さっそく陸海でドンパチやっているが、まだ参加できない。

トレムセンと神速で同盟 1445.8

ロッコチュニスの両方からライバル視されていたためか、かなり早く同盟が成立した。アラゴンと開戦する前に同盟できてよかった。
開戦後はマイナス1000補正が付くので同盟は難しい。

f:id:tombi-aburage:20171111224520j:plain

メーヌをめぐって英仏開戦 1445.11

イングランドに勝てる道理はないのだが、ブチギレて開戦してしまったようだ。
絶対、呼ばないでね。

f:id:tombi-aburage:20171111224845j:plain

貴族 nobility の影響 influence を下げるイベント発生 1446.1

影響が下がったので、階級との取引で徴兵することにした。

f:id:tombi-aburage:20171111225131j:plain

安定度をあげるのに好都合なイベント発生 1446.6

異端 Heresy! イベントが発生。

f:id:tombi-aburage:20171111225837j:plain行政君主力が貯まった後で、そろそろ安定度を上げようと思っていたので、ちょうどよかった。

f:id:tombi-aburage:20171111225847j:plain

顧問の Artist は死刑となった。

f:id:tombi-aburage:20171111225916j:plain

かわりに異端審問官 inquisitor +2 が登場したが、コストが半額の奴ではないので不採用。冒頭の階級との取り引きで出したコスト半分の Teologian +2のほうを採用した。

さて、アラゴンと開戦しますか。 1446.10

ナバラとの関係が +100を超えたので、和平強要 enforce peace での参戦を試みた。
が、宣戦布告できない状況とのことで参戦できなかった。

理由は2つ考えられるが、どちらかは分からない

f:id:tombi-aburage:20171111230705j:plain

仕方ないので、ナバラと同盟して、ナバラに呼び出してもらうことにした。

f:id:tombi-aburage:20171111230942j:plain

ナバラとの同盟で外交枠が1つ埋まってしまったのは痛いが、早く参戦しないとカスティリャが美味しいところを全部占領してしまうので、止むを得ない。

実に平凡な家庭である。

f:id:tombi-aburage:20171112003251j:plain

Afonso V の特徴 traits としては温和 calm が割り当てられた。
もう安定度 +3 まで上げてしまったので、正直イラネ。

さて、アラゴンと単独和平しますか。 1448.10

サルディニア島カスティリャが占領していたのだが、ポルトガルサルディニア島マルタ島を vital interest 指定していたためか、占領地を譲ってもらえた。

f:id:tombi-aburage:20171112003716j:plain

ナポリシチリアアラゴンナポリ軍が14,000ほど集結しており、もし攻めれば多大な人的資源の損失が予想されたので単独和平。

タラゴナ Tarragona と金60ダカットで単独和平した。じゃ、後はよろしく。

グラナダと開戦 1449.2

1448.12時点でチェックしたときには、カスティリャが参戦してくれはずだった。

f:id:tombi-aburage:20171112065537j:plain

しかし、1449.2になると、カスティリャは参戦しないと言い出した。
トレムセンしか味方がいないが、まあ何とかなるので開戦した。

f:id:tombi-aburage:20171112083533j:plain

順番に個別和平 1452.10

カスティリャ抜きでは、力押しはできなかった。トレムセン Tlemcen は先に降伏してしまったし。

とはいえ迂回戦術を駆使して占領地を稼げるだけ稼ぎ、チュニスからはアンナバ Annaba と Tataouine を掠めとり、グラナダからはジブラルタルグラナダを奪って個別和平した。陸軍が健在のモロッコからは何も奪えなかった。

 

f:id:tombi-aburage:20171112100544j:plain

f:id:tombi-aburage:20171112121534j:plain

もうやめて、グラナダのライフはゼロよ! 1453.1

グラナダ(というかアルメリア)を蹂躙するカスティリャ軍。

カスティリャグラナダ攻略に失敗することを祈って、カスティリャに外交で通行権を与え、モロッコ軍をイベリア半島に招き寄せるという味方への嫌がらせを発動してみたが、もちろん大した効果はなかった。

f:id:tombi-aburage:20171112121734j:plain

なおモロッコにはタイミングよく僭称者が叛乱を起こしたが、登場したのが平地のガルブ Garb だったのでモロッコ軍にあえなく粉砕された。

嫁の実家から顧問をプレゼントされそうになる。 1455.2

Rights of Man (RoM) イベント発生。
貸しを作るのが嫌なので断った。欲しい顧問でもないし。

f:id:tombi-aburage:20171112175454j:plain

Afonso V は豊穣 Midas Touched な人柄ということになった。 1457.1

Rights of Man (RoM) により新たな特徴 traits を獲得。
最初の Calm は普段は役に立たない代物だが、こちらは生きている限りずっと効果があるのでマシ。

f:id:tombi-aburage:20171112193111j:plain

温厚だけど戦争続き、トゥーグラ Touggourt 攻略 1457.3

チュニスがトレムセンに宣戦布告したので、慌ててこちらも宣戦布告。

トレムセンとポルトガルは和平期間中だったが、トゥーグラに独立保障をかけていたので、そこを通過する形で侵攻した。

チュニスが首都トレムセンに真っすぐ向かったので、その周りをポルトガルが占領した。チュニスがトレムセンと和平した後、おもむろに首都も占領して全土制圧。

f:id:tombi-aburage:20171112194655j:plain

息子が星...もとい、寺になる 1457.7

能力は高めだが、弱い weak 継承権の後継者 heir を推薦された。
しかし経験上、継承権が弱いと叛乱祭りになってかなり困るので、寺になってもらった。

f:id:tombi-aburage:20171112204545j:plain

同等レベルの息子が出た。ラッキー。寺1つ分、得した。

f:id:tombi-aburage:20171112204613j:plain

ナポリと同盟・政略結婚したら人的資源をもらえた 1457.8

アラゴンから独立したナポリと同盟・政略結婚したら、イベントが発生して人的資源をもらえた。ありがたや。

f:id:tombi-aburage:20171112204706j:plain

Afonso V は幼子を残して夭折、しかあし! RoM のおかげでまだ戦える!  1460.4

配偶者(女王)による摂政政治 Queen-Consort Regency が始まった。

we will still be able to declare wars 

なんと嬉しいことか。14年間、自分からは宣戦布告できないという地獄から、ついに解放されたのだ。RoM 万歳!

f:id:tombi-aburage:20171112223637j:plain

ロッコに仕掛けるべきや? 1467.2

チュニス、マムルクと同盟しており、マムルクがオスマン(とアテネ)に襲われたのに巻きこまれている。仮に宣戦布告したら、どちらも参戦する。

f:id:tombi-aburage:20171113233750j:plain

チュニスに仕掛けるべきや? 1467.2

オスマン、モロッコと同盟しており、仮に宣戦布告したら、どちらも参戦する。

f:id:tombi-aburage:20171113233834j:plain

チュニスの要塞を調べたら、城兵ゼロ 1467.2

2か所ある要塞のどちらとも、城兵ゼロということが判明した。これはチャンス!

f:id:tombi-aburage:20171115235803j:plain

オスマンとの対決は嫌なので、モロッコに宣戦布告して、チュニスを攻めることにした。

しかし翌月になると、城兵が増え始めた 1467.3

陸軍維持費を上げたら、城兵が増え始めた。まさか、察知されたのか?

f:id:tombi-aburage:20171113234227j:plain

全然そんなことはなく、トレムセンにチュニスが宣戦布告しようとしていただけだった。

f:id:tombi-aburage:20171113234825j:plain

チュニスがトレムセン領内に侵入するのを待って宣戦布告。
ナポリの好意 favor が10以上貯まっていたので、オスマンを引き付ける餌役として参戦を要請した。

ロッコは(チュニスの同盟国である)オスマンと戦争中だからなのか、参戦しなかった。

オスマンガレー船団にたびたび邪魔され、ナポリ海軍はほぼ壊滅したが、チュニスの攻略はつつがなく完了して、属国アルジェの中核州や領有権主張先の州を奪い取った。

ナポリは、またしても気前よく人的資源を奢ってくれた。(君主力を選ぶことも可能)

f:id:tombi-aburage:20171114002400j:plain

助かりますわ。

この後、モロッコに宣戦布告して大失敗

ロッコ陸軍 21,000のうち20,000がマムルクの援軍としてエジプトに向かっていたので、そのすきにモロッコ本土を奪うべく宣戦布告した。

ところが、オスマンにモロッコ陸軍が全滅させられてしまったため、再びモロッコ本土にモロッコ陸軍の大軍が徴兵されてしまい、

人的資源が枯渇していた状態から戦争を仕掛けてしまったポルトガル陸軍は、陸戦に敗れてしまった。

RoMはけっこう、楽しかった。

焦って予断に基づく機会主義的な行動をとったために、失敗してしまったが、RoMはなかなか良かった。

  • 摂政政治が何十年も続くという*退屈*なことにならない
  • 将軍の特性 traits があるので、ちょっとは使い分ける気になる
  • イベントがちょっと嬉しい

ということでRoMは買って正解だった(半額だけど)。

Persia アップデートでセーブファイルがロード不能に

Show incompatible saved games 

チェックを入れないとファイルが見れない。チェックを入れてロードしたらファイルが壊れていますとのことだった。投了なり。

5-6-5で優秀だけど、配偶者 Consort なので居ないのと同じ...

女王マリア 66歳、その継承者フィリペ 31歳はいずれも平凡。
しかしマリアの配偶者は 5-6-5 と格別に優秀。

f:id:tombi-aburage:20171109100002j:plain

女王がなかなか死なないものだから、結局出番はなかった。

配偶者 Consort は、摂政政治になった場合にしか能力を発揮しないらしい。

 

あと1名で成立する植民地を奪われた残念なカスティーリャ

カスティーリャが、一兵たりとも最前線に集めないままマリに宣戦布告するという謎の行動をとった。

その結果、カスティーリャの植民地は成立寸前でマリに占領された。999名って...あと少し宣戦布告を待てば成立したのにね。

f:id:tombi-aburage:20171109210729j:plain

占領したマリは、なぜか植民地をそのまま破棄してしまった。
植民アイデアがないと、待っても成立はしないのだろうか?

メモリ不足の警告を無視してプレイ開始したら、アイアンマンのセーブファイル飛んだ orz

f:id:tombi-aburage:20171111212453j:plain

セーブファイルのサイズが通常ならば5~6MBはあるところ、197KBしかなくなっている。

f:id:tombi-aburage:20171111211918j:plain

これはダメだ...しょぼーん

いちおう何かの拍子に記録された8年前時点のファイルはあるのだが、そこから8年分やり直す気が起きない...

教訓:メモリ不足の警告は無視しないようにしよう。