※英語版に基づきます。日本語版の訳語は知りませんので、置き換えてください。

支援しても大した効果がなかったカスティリャ市民戦争 Castilian Civil War

アラゴン(と同盟したフランス)とポルトガルの策略により、カスティリャ領を削りに削ったら、カスティリャ市民戦争が派生して叛乱軍が沸きました。

f:id:tombi-aburage:20160523230536p:plain

なぜかアラゴンが支持していることになっていましたので、人的資源2000を支払う必要がありましたが対抗してポルトガルも支援 Support the Claimant をすることにしました。

支援すると、旗がポルトガルになったりしたので、支援されたことになったようです。

なにぜ要塞のある土地をアラゴンに全部取られて一つもないので、あっさり叛乱軍が勝利しました。

ポルトガル政権ができるのかと思いましたが、そんなことはなく、関係は+50改善されただけで以前と大して変わらず、態度は最悪に近いままでした。

あまり意味がなかったようですが、同時に介入戦争するなどすれば意味があるのでしょうか。