※英語版に基づきます。日本語版の訳語は知りませんので、置き換えてください。

本日の教訓

叛乱 Rebels 鎮圧のベストプラクティス

2年以内に叛乱見込みの地域があるときは自重 明らかに格下で首都以外の要塞 fort は無いような相手を除き、新たな戦争を始めないこと。 2個要塞があると、大抵、攻城戦 siege の途中で叛乱が発生する時期が到来してしまうため。 また、たとえ敵が弱くても新…

帰国したアラゴン軍に蹴散らされた

ベネツィアとの戦争でコルフ Coruf を占領したあと閉じ込られたアラゴン。馬鹿め。本土に居た6000は簡単に一掃されてました。フランス軍に。 しかしベネツィアと和平して遠路はるばる戻ってきました。 カスティリャの占領地ですがPirineoに入った瞬間に潰走…

イタリア攻略は、このイベント The Shadow Kingdom の後で

神聖ローマ帝国 Holy Roman Empire のイタリア本土への影響力が低下して、帝国領でなくなります。 いままでは無理くり攻め込んでいましたが、この後であれば返還要求をうけることもなくなるので、ずいぶん楽になります。

損耗数は1000に対しての率で計算される

※パッチ1.18、Mare NostrumまでのDLCを適用したら員数見合いの損耗数になったので、この記事は今や無効です。 50名の3%だから攻城戦は解除されないはず。そう思っていた時期が俺にもありました。 それぞれ30名、合計60名も損耗して解除されてしまいました。 …

攻城戦 siege のベストプラクティス

共通 必要最低限の員数とすること。人的資源 manpower の損耗 attrition を抑えて厭戦気分の増大を防ぐため。 人的資源が払底している時は、2個連隊1060名以上の員数とすること。または傭兵 mercenary を活用すること。常備軍の損耗が月初に完全回復しないこ…

アフリカ西海岸を最速で航行するときのベストプラクティス

ジョロフ Jolof、マリ Mali、ベニン Benin など西アフリカを攻略する時や攻略後の反乱鎮圧のために、定期的に陸軍を海路輸送する必要が生じる。 海上で月をまたぐと損耗するので、そうならないよう1日に出港して翌月1日までには入港するように輸送するが、…

新世界探索のベストプラクティス

El Dorado で7つの都市探しをするときのポイントを示す。 探検家 Explorer の運用 ゴメスが死んでも慌てて雇わない。1470以降にイベントでコロンブスが登場する。 海岸 Coast の探索は公海を探索した後で行う。逆だと二度手間になることがある。 アフリカ西…

もう疲れたよママン...借金1300、2つ同時に包囲網戦争...

フランスからイタリア本土に進出したら、あっという間に悪い子ちゃん認定。 借金1300、同じ包囲網から2つも戦争が勃発...むりポ 教訓:小国も集まれば10万の大軍に大国と同盟していたが、それぞれ三つ巴で混戦となっており、こちらを救う余裕はなかったよう…

叛乱率が合成されて150%になり叛乱勃発の珍事件

陸軍を配置してジブラルタルの不穏 unrest をゼロ未満に抑圧したら、その州で有効だった種類の叛乱軍の叛乱率が別の種類の叛乱軍の叛乱率に合成されて150%になったらしい。 もともとは、こういう配分。 ジブラルタルに陸軍を配置して不穏をマイナスにした。…

さしものフランスも、こうなっては...

イングランドが噛みついたら、他の犬も噛みついた イングランドがフランスに宣戦布告。ハンガリーを従えたオーストリアが同調したのを見て、ポルトガルも参戦。 フランスが苦戦しているのを見て、カスティリャが宣戦布告。同君連合下のアラゴン、ナポリもも…

和平申し入れ peace offer を断ったら安定度 stability マイナス1

アキテーヌ奪還を目指してフランスがイングランドに宣戦布告。敵はフランスとアラゴンだけなので、うまく立ち回ればアラゴン領の隅っこでももらえるかもと思って参戦した。 しかし、大国がイングランドだけでは時間稼ぎにもならず、シチリア、ナポリを全土占…

アラゴン海軍の潰し方

いつの間にかガレー船だけでなく大型船まで取り揃えていたアラゴン。 こちらもそれなりには海軍を整備してはきたが、数で劣り、まともに衝突すればタダではすまない。 これまでは海上機動戦でがんばってきたが、今やAIも小型船で足止めなどの高等戦術を使っ…

士気 moral 1カ月分アップのみで叛乱軍 rebel を攻撃、かろうじて撃破...

やっと 陸軍が Landsknechten Infantry になったところで、ひさびさにモロッコで叛乱発生。分離主義 separatism 10年間延長を意地でも防ぐため、士気最低の状態ではあるが30,000近くの陸軍を集結させた。 生産力の高いガルブ Garb で蜂起したので、敵もなか…

マリ Mali を攻める前に隣地に植民を

カボ・ヴェルデからだとマリの本領に領有権主張 Fablicate Claim できないので、攻略に時間がかかってしまう。 そんなときには! 空き地が隣にあるので、まずそこに植民者を送り込んで活性化してから、周辺の州に領有権主張をしましょう。

仮想敵国を挑発するときの戦力投射ボーナス

効果が生きている間は、挑発 insult しても戦力投射 power projection ボーナスは得られませんが、効果が5から0に減って一旦消えた後であれば再びボーナスが得られます。 ただし、停戦中の仮想敵国を挑発しても、そもそもボーナスは得られないので注意。まあ…

ちょうど1日に敵と会戦するようにした場合の士気は?

敵が少数なので士気を最低のままにしてあったが、戦う前には1つでも士気は上げたい。しかし一方で、逃げられては元も子もない。 そこで、ちょうど1日に到着して会戦するように移動をかけたところ、1日時点だと士気最低のままだった。 2日に到着するように移…

カスティリャに対抗する戦術 セウタ・ホイホイ

カスティリャがイングランドに宣戦布告したが、どうやらイングランドとオーストリアが同盟しておりオーストリア陸軍の助けも期待できるので、防衛側のイングランド側に立って参戦することにした。 カスティリャ海軍は健在なのだが、イングランド海軍が時々地…

クラウドへ保存なのに保存ファイルの状態がズレて Error writing savegame

デスクトップPCの環境を変更 タブレットPCと比べて起動が遅いので、デスクトップPCのDドライブ(HDD)からCドライブ(SSD)にSteamのフォルダ全体を移動させました。 support.steampowered.com EU4以外もあったので、ファイル移動に3時間くらいかかりました…

敵地は海峡封鎖してもダメらしい。

ジェノヴァ軍3Kが渡り始めてから封鎖したところ、移動はキャンセルされることなく渡り切られ、突入されて殲滅されました。 なおメッシナ海峡では、事前に海峡封鎖しても、ナポリ軍が大挙して渡ってきました。 一方で、カスティリャがジブラルタル海峡を渡っ…

君主力 Monarc Power はマイナスにもなるらしい。

門閥貴族どもが援助を要請 Noble Family Requests Aid 資金140を寄越さなければ、行政君主力 Administrative Power を50もらうとの主張をされたので、行政技術レベルを上げて行政君主力を使い切ってから断った。 マイナスにもなるように仕様が変わっていたん…

先に教えてよ。外交系政策 Diplomatic Ideas グループの中から2連続では政策を選べない。

行政君主力 Administrative Power が貯まり、2つめの政策 Ideas を解除できるようになったので、探検政策 Exploration Ideas はまだ完遂していませんが、新たに交易政策 Trade Ideas を狙いにいったところ選べませんでした。 同じグループの政策が50%以上に…

個別和平 separate peace だと外交コストが余計にかかる

複数国を降伏させる場合、リーダー以外の国から個別和平するのが得だとおもってましたが、領土要求のさいに外交コストが余計にかかるので損なこともあると気づきました。 リーダー以外の国との個別和平 アルジェの同盟国として参戦したチュニスに対しては、…

コンキスタドール Conquistador を使ってマリ Mali の見えていない領土を探索したら、叛乱軍に瞬殺された

ジョロフ Jolfに宣戦布告 カポ・ヴェルデを植民地にしたので、いつもどおりジョロフに宣戦布告しました。 コンキスタドール Conquistador を雇った しかしマリの領土が未発見の土地になっていて見えない。他国の領土でも探索だけはできるので、コンキスタド…

叛乱鎮圧にちょっとだけ遅参して陸軍伝統稼ぎ

イベリアの結婚 Iberian Wedding が発生、叛乱も発生 これでアラゴンはカスティリャのものになる見込みです。もう、カスしか残ってないけど。 イベントの発生と同時に、26Kもの叛乱軍がカスティリャ領内に湧きました。 陸軍1個連隊を討伐に派遣 カスティリ…

発生率が低いのほうの叛乱が先に発生してしまった。

カタルーニャの方が先に発生 モロッコがずっと90%だったので、山岳のFezで20個連隊で張り込んでいたら、カタルーニャが先に叛乱しました。 モロッコも時間の問題なので、そのまま張りこみ 思惑通り、翌々月には叛乱が発生。 イングランドがブルグンディとは…

だいぶ、まともなゲームになってきたようです。

いつものようにモロッコ侵攻を仕掛けましたが、結果から申しますと敗北しました。Art of War DLC のおかげで、陸戦がそれらしくなってきました。 陸戦編 守備兵 garrison 2000名のタンジール Tangir に、きっかり歩兵2000名で侵攻しました。しかし兵が少なす…

補給上限 supply limit ギリギリに配備しておいたら冬季損耗 winter attrition にやられた

普段、暖かいイベリアにしか住んでいなかったもので、気づきませんでした。 補給上限が冬になると減ることに。40が上限なのでスレスレまで配備していたら、冬になって36に減少し、すり減りました。 気を付けよう。

フランスが摂政政治の間にやりたい放題、そして今そのツケが。

フランス皇太子が成人する日がいつか、しっかり計算してイタリア半島を荒らしてきた。 100年間、ずっと気をつけてきた。オーストリアとも同盟してあった。 先方からライバル指定されても、当方はライバル指定もせず、関係改善も限界までやった。 それでも奴…

神聖ローマ帝国皇帝に挑んだら90個連隊を運用する羽目に

オスマンとの戦争でジェノバとフェラーラがバルカン半島に出払っていたので、今さっきミラノから奪ったパルマを橋頭堡にしてジェノバ本国(リグリア)を襲った。神聖ローマ帝国領内なので皇帝のボヘミアがミラノ戦に続いて参戦。リトアニア、グルジアとか遠く…

オスマンを追い抜け使命で引き離された

本国でのべ70,000近い叛乱が湧いたので、陸軍上限を一時的に超えてもいいから傭兵でも雇ってしのごうと思った。ちょうどオスマンの兵力を超えろという使命が選択肢にあったので、連隊数を見たら上限を若干超える程度であり、ちょうど良さそうだったので、や…